いらっしゃいませ!!
カスタムカーショップBRENDAのこぼです٩( ‘ω’ )و

JAFの会員じゃないとどのくらい損するの?

レッカー界の王様と言えば”JAF”ですよね。例えば、

  • バッテリーが上がった
  • タイヤがパンクした
  • 鍵をインロックしちゃった
  • なぜかエンジンがかからない
  • 事故をおこして走行できない

こんなときに心強い味方になってくれるのがJAFです。JAFの会員数は約1900万人を超えており、文句のつけようがないぐらい日本一のレッカー業者です。

もちろん僕も会員ですし、何度もお世話になっている本当に便利なサービスです(笑)

何を隠そう僕は、”運転マナーが悪い”で有名な栃木県の宇都宮市に住んでおり、月に2000kmは車に乗って通勤や買い物などに出かけます。

そうすると年に1回か、2年に1回ぐらいは必ず当て逃げや交通事故、車両トラブルに巻き込まれます。

僕が外車好きっていうのもあるのかもしれませんが、車やバイクに関するトラブルが当たり前のように起きる世界に生きています。

そんなときに重宝するのがJAFのレッカーってわけです。

んで、最近よくレッカーに関する記事を書いているのですが、その時に改めて思ったんです。

JAFの非会員じゃない人はレッカー料金どうなるの?

っというわけで、今日はJAF会員になるとどのくらいお得なのか、JAF非会員だとどのくらい金銭的に損をすることになるのか、そのあたりを中心にまとめていきます。

今回の記事で想定するレッカーは、

  • 自宅は栃木県宇都宮市
  • 宇都宮から30km離れた佐野アウトレットで故障

の状況を想定して、会員と非会員に分けて料金を比較してきます。

本日はもよろしくお願いします。

JAF”非会員”がレッカーを依頼した場合

約3.5万円

まずはJAF非会員がレッカーを依頼した場合の料金になります。料金の内訳は、

電話をしてレッカー依頼するのに8,230円(夜間の場合10,290円)
現場に来て実際に作業してもらうのに4,650円(場合によっては9,300円)
車を運ぶのに1kmあたり720円

計算してみると、

8,230+4,650+(720×30)=

34,480円

です。んー、、、

普通に高いっ!!

やっぱりJAF会員じゃないとなかなか良いお値段がしますね。

家族4人で回らないお寿司をたらふく食べられるぐらいの料金設定になっています。

さらにココから修理代、代車費用が掛かってくるので、レッカーを呼んだ修理は一撃10万円コースになる可能性が高いそうです。

ちなみに修理費の参考金額は、

  • バッテリーが上がった→1.5万円
  • タイヤがパンクした→1.3万円
  • 鍵をインロックしちゃった→1.5万円
  • なぜかエンジンがかからない→3~5万円
  • 事故をおこして走行できない→10万円

です。損傷の具合や故障箇所により料金の変動がありますが、ざっくりと概算で出すとこんな感じの料金設定が一般的だと思います。

で、代車の費用が一日5,000~10,000円ぐらいでしょう。

レッカー代+修理費を考えただけでも、楽しかったハズのショッピングが急転直下で最悪の思い出に大変身です。

「とは言え、これは会員価格じゃないから高いんでしょ?w」

では、JAFの会員価格になるとどれくらいお得にレッカーをしてもらえるのでしょうか?

さっそく計算してみましょう。

JAF”会員”がレッカーを依頼した場合

1.63万円

だいぶ安くなりましたね。内訳は、

入会費で1,500円
年会費で4,000円
車を運ぶのに1kmあたり720円 (15km以降は有料)

んで計算してみると、

1,500+4,000+(720×15)=

16,300円

肝心のJAF会員と非会員の差は、

34,480-27,100=

会員は7,380円の得

ということになります。

さらに2回目以降は、入会費の分もお得になるのでさらに安くレッカーをすることが可能です。

ちなみに、車を運ぶのに1kmあたり720円 (15km以降は有料)の条件は、裏返せば、

15km以内のレッカーは無料で運んでもらえる

ってことなんです。

つまり、今回の条件である30km縛りがなくて、生活圏内が15km以内の人からしたら、間違いなくJAF会員は最強のレッカーサービスです。

もちろん知り合いが車屋さんとか、知り合いがレッカー屋さんには勝てないと思いますが、そういった知り合いがおらず、

「車といえばディーラー」

みたいな人たちからしたらJAFは神サービス確定でしょう。

他にもJAF会員は、修理費に関してもかなりの割引を受けられます。

  • バッテリーが上がった→無料
  • タイヤがパンクした→無料
  • 鍵をインロックしちゃった→無料
  • なぜかエンジンがかからない→3~5万円
  • 事故をおこして走行できない→10万円

事故による外傷と重整備を要する案件に関しては保証外なのですが、そのあたりはさすがに仕方がないように思えます。

いやー、凄いっすね(笑)

そして地味に頭の片隅で覚えておいてほしいのが、

レッカーを呼んだ人の40%の人はバッテリー系のトラブルで、
15%の人が脱輪などによるタイヤのパンクで、
10%の人がキーのとじ込みなのです。

つまり、レッカーを呼ぶ過半数の人は地味なトラブルでレッカーを要請しているんです。

そしてその地味なトラブルはJAF会員なら無料で受けられるのです。

もうJAF会員が凄いのは十分伝わったとは思うのですが、全員にJAFの会員を進めるのか、というとそういうわけではありません。

JAF会員歴10年越えの僕から言わせて貰えると、JAF会員になった方がメリットの大きい人は、

  • 毎月1,000~2,000km走る(年/1.2~2.4万km)
  • 生活圏内が15km以内
  • 年式の古い旧車に乗っている
  • ベンツなどの外車に乗っている
  • 旅行やショッピングなどの遠出に行く

この5つに1以上該当する人がいたら、ノータイムで会員になっておいて損はないはずです。

逆に該当しない人はJAF会員になるメリットは少ないですね。

では、JAF会員ではない人は、高価格なレッカー代を支払わなければいけないのか。

・・・

・・

実は安くレッカーを済ませる方法があるんです。

マメ知識:事故現場でJAFの会員にはなれるけど”適用は次回から”

「トラブったその場で会員になればお得じゃね?w」

少し悪知恵の働く人はそんなことを考えるかもしれませんが、残念ながらその対策はきちんとされています。

JAF非会員の方がJAFにレッカーを依頼して、その場でJAF会員になることは確かに可能です。

が、JAFの会員価格が適用されるようには、次回のトラブルでJAFを召喚したときになります。

つまり、JAFにレッカーを依頼した時点で会員かどうかが重要ということです。

ここで1周回って頭の悪い人が思いつくのが、

車両トラブル→レッカーを呼ぶ前にJAF会員になる→次の日にJAFへレッカー依頼→会員価格になる

って技を思いつくかもしれませんが、これぞ一周回って馬鹿なパターンの代表例です。

今回で言えば、目先の1.5万円をお得にしようとするあまりに丸1日をドブに捨てているパターンです。

マジで時間の無駄です(笑)

もし仮にあなたが明日死ぬとして、1日を1.5万円で買えるのなら、躊躇なく買いますよね?

買わないよって人は別にいいですけど、僕は間違いなく買います(笑)

お金よりも時間を有効に使える手段を最優先で取った方が良いです。

もちろん理想はお金と時間の両方を有効に使える手段を取るのが最善です。

ってなわけで本編へ戻りましょう。

JAFに電話する前に保険内容を確認しよう

皆さんの任意保険の中に、

ロードサービス付帯

という項目はありますか?

保険に入っている人の75~80%の人が入っているので、多くの人は無意識のうちに入っているはずです。

この保険は等級を下げることなく、レッカーを無料で受けさえてくるという保険なのです。

詳しく解説している記事を張っておくのでぜひ読んでみてください。

普通に有料級のライフハックなのでマジでオススメです。

でわまたっ、良きカーライフを!!

告知:「BRENDA 公式LINE」を始めました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shutterstock_450838672.png

24時間レッカーなどもやっていますので、緊急事態の場合はご相談ください。

現在「BRENDA LINE公式」と友だちになると、「オイル交換が無料になるショップカード」や、ヘッドライトスチーマーが半額になる「片目無料クーポン」など、お客様のカーライフをサポートする特典を数多く準備しております。

この機会にぜひ友だち登録お願いします。

もし使い方に不安のある人は【BRENDA LINE公式アカウントのご案内】をご一読ください。

コンテンツ作りの励みになりますので、「見て良かった( ゚Д゚)」と感じた人は”チャンネル登録”よろしくお願いします。